福岡の奈多漁港に釣りに行ってみた!

スポンサー
スポンサー




福岡近郊の釣り場といえば奈多漁港!

奈多漁港はとにかく、いろんな種類の魚をが釣れます。

特に「ヒラメ」が釣れることで有名です。

サビキで釣ったアジをそのまま泳がせておいたらアジがヒラメに大変身♪という事が良くあります!

思わぬ大物をゲットできる釣り場です。

奈多漁港のアクセス

奈多漁港は、福岡市内から海ノ中道に行く途中にある漁港です。

入口が少し分かりにくいので地図を見てもらった方が早いと思います。

奈多漁港の駐車場

奈多漁港には駐車場があります!

夏場の海水浴シーズンになると、駐車料金を取られるかもです!

奈多漁港のトイレ

奈多漁港には、トイレがありません!!

車で3・4分の所にコンビニやスーパーはありますが、歩いていける距離ではありません。

釣り場に向かう前にトイレを済ませてから行くことをお勧めします。

奈多漁港の釣り場

奈多漁港の釣り場は、基本的にどのポイントも足場がしっかりしていて釣りやすいのが特徴です。

奈多漁港のポイントA(サーフ)

防波堤からサーフに向かって投げ釣りをする人も多く、キスが良く釣れています。

フカセでクロを狙っている人やルアーでヒラメを狙っている人も多くいます。

実際に私も、アジ泳がせてたらヒラメを釣ったこともあります♪

そして、一番衝撃だったのが、やたらとフグを釣っているおじちゃんがいて、なぜそんなにフグを釣っているのか聞いたら「食べるからだよ」「コリコリして美味しいよ」となかなかデンジャラスな回答が来たときにはビビりましたね!(笑)

※良い子は真似しないように!

あと、風の強い日には、サーファーがたくさんいますので間違って人間釣らないように注意してください(笑)

新宮漁港 Aポイント

奈多漁港のポイントB(防波堤)

コチラのポイントは、奈多漁港では超人気のポイントでなんでも釣れます!

365日、地元住民で独占されています(笑)

逆にココのポイントに人がいない時は魚のいない時と思ってもらっても良いぐらいです。

北風をもろに受けますので、風の強い日も釣り人も少なく、釣り場はガラガラです。

奈多漁港 ポイントB

奈多漁港のポイントC(防波堤)

船の間から狙えるポイントです。

グロやアジが釣れてますが、以外にもキスも狙えます。

また、唯一電灯があるので、夜釣りにはオススメの場所です。

奈多漁港 ポイントC

奈多漁港のポイントD(ロック)

コチラのポイントはテトラポットの間を狙って釣りをする人がいましたが、ぶっちゃけココのポイントで釣ったことがないのでデータ不足です(笑)

奈多漁港 ポイントD

奈多漁港の釣り禁止区間

奈多漁港には釣り禁止区間があります。

以前は、釣り禁止ではなかったみたいですが、何人もの人が海に落ちて死んでしまったそうです。。。

今でも、こっそり忍び込んで釣りをする人がいるみたいですが、絶対にやめましょうね!

奈多漁港 釣り禁止

奈多漁港のまとめ

足元もしっかりしていて、釣り場としてもきれいですしファミリーフィッシングにはもってこいの場所です。

海の水もきれいなので釣った魚もとても美味しい♪

6月・7月は日中はサビキでサバ子とアジ子が爆釣です。

釣ったアジ子は泳がしてヒラメをゲットしましょう!

夕方から日没前後1時間ぐらいに小アジが釣れだす感じで、今度はそれをアオリイカのエサにする人もいたりと面白い釣り場です。

地元の釣り人も良い人ばかりで予期せぬ大物を釣った時は、みんなで「おぉ~」と言い合ったり、釣った魚を分けてくれる人もいたり良い人ばかりです。

奈多漁港は最高ですよ!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする